奥様はタイ人 アユタヤから観光、仕事、生活、子育てなどをお届けします。

タイに住んでます。アユタヤから観光・仕事・生活・子育てなどお届けします。

MENU にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

アジアで子育て 映画「アナ雪2」 感想

アユタヤシティパークで「アナ雪2」を見てきました。

f:id:yasuayutthaya:20191207184824j:plain

 

4歳の娘が大好きでこのブログ作成中もパソコンの近くで

「れでぃごー」

ってうるさいです。

YouTubeできずいたら好きだったようで、いつのまにか歌ってました。服もアナ雪の服が売っていると興奮して買うまで離しません。

 

実は私は日本では映画好きでしたがタイ8年目にして初めての映画でした。

もちろんこどものためにKIDS版をえらんでチケットを購入。

 

f:id:yasuayutthaya:20191207185742j:plain

いつのまにか時代は変わったんですね。

ディスプレイタッチ式でチケット購入。座席も選ぶんです。

子供が騒ぎそうなので後ろの座席3つを選びました。

 

昔独身時代はポップコーンなんか食べながらなんて見たことないんですが妻子のために購入。

なんだかんだ1,000THBかかりました。

あとから分かったのですが、事前に調べれば電話会社の特典やカード特典で一人100THBぐらいでも見れるようです。

まぁめったに行かないので。。。まぁいいです。

チケット売り場や、入場口、館内までもが日本のシネプレックスとほぼ同じですね。いまの日本はわかりませんが、8年前の映画鑑賞となんらかわりません。

はっきりアジアの映画館なんで期待は一切してませんでしたが意外でした。

 

館内に入ると驚きました。

まさにタイ国国歌斉唱のときでみな立ってました。

話では聞いてましたが、いきなり来ると会社かよ!と思いました。タイの会社は朝始業時に国家斉唱をながし、皆その場で制止しますので。

指定座席に座るとすぐに上映開始されました。かなり良いタイミングではいったので日本と同じように他の映画の宣伝があるのかとか、CMがあるのかは見れませんでした。

 

娘は家で見るときとおなじように、ぎゃーぎゃー。。。

心なしか、他のタイ人家族で騒いでいるような子供はいっさいいません。。。

お構いなしに

「れでぃごー、れでぃごー」

f:id:yasuayutthaya:20191207192928j:plain

あーきまずい。と思い妻を見ると映画上映中なのに電話したり、スマフォいじったり。

タイでは構わないのかなと、あたりを見回します。

他のひとたちは静かに映画を見てます。。。

映画の内容ではタイ語なので私は内容がほとんどわかりませんでしたが、たまに笑うとこがあると子供たちもささやかに笑ってます。

 

もしかして同じ「アナ雪2」でもKIDS版ではないほうの上映館にはいったんじゃなかろうか?

と思いましたが、そのとき妻子がポップコーンを床におとしてバラまいてしまいました。

ああああああ。

タイのみなさんは人間ができてらっしゃいます。誰一人として微動だにせず。

日本だったら小声でも

「ったく静かにしろYO」

「ちっ!」

など批判をあびそうです。

 

上映は2時間で終わりました。タイ語なのでタイ語の勉強をしているつもりで聞いてましたが、少しは何言ってるかわかるところもあり子供の映画であればタイ語の勉強にいいなぁと思いました。

 

本日は土曜日ということもあって、学生など若い人が非常にたくさんいました。

同級生同士で

「あした映画みにいこうよ」

みたいな感じで遊びにきたんでしょうか。

妻は30代ですが、私の知っているメジャーな映画を聞いても全くしりません。しかしけっこう映画を好きなタイの人はけっこういるようです。

それでもタイ人のエンターテイメントとしては日本ほど外国かぶれはなく。タイのTVやタイの歴史もの映画は人気のようです。そんなに世界的有名な映画とか音楽ってタイに住むとまったくわかりません。

今でこそTVが娘にのっとられてしまったのでタイのTVもわかりませんがタイ人はタイ文化が好きでとくに海外ものは日本ほど影響はうけません。

タイのTVや映画で何年かまえに日本人とタイ人が恋に落ちるドラマが流行りました。

その日本人役の名前が「コボリ」さんだったと思います。

 

日本人のあなたがもしタイにきたら「コボリ」と呼ばれるかもしれません。

 

最後に「アナ雪2」の感想ですがタイ語なのでストーリーは全くわかりませんでした。妻もスマフォいじってたので見てないと思います。

子供は大興奮でした。

当たり前ですが、外れはないと思います。子供にご褒美と思って連れていってあげてください。

プライバシーポリシー お問い合わせ