奥様は逆切れ

タイ住むおっさん

MENU にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

バンコクからもっとも近い島 シーチャン島を簡単解説2019年12月末

タイは日本人の観光としても非常によく使われる観光地です。今回あまり情報のなかったこのシーチャン島についてある程度わかりやすく説明したいと思います。詳しいことについては2泊しましたのでその際の記事を見ていただければ幸いです。

シーチャン島までの移動と海岸 1泊目

[blogcard url="https://yasuayutthaya.com/sichang-island-near-bangkok-review/"]

シーチャン島の全体を確認した 2泊目

[blogcard url="https://yasuayutthaya.com/near-bangkok-koh-sichang-review-2-days/"]

シーチャン島は何が観光できるか?

観光地選びとして気になるのはこれですよね?

何があるのか!

現地で入手した観光ガイドをお見せします。

現地シーチャン島で入手した観光ガイドブック

①から⑩まで番号が場所別にふってあります。

1番の人気は断然きれいな海!

観光ガイド⑨になります。TUM PANG BEACHです。砂浜はあまりきれいな砂ではありません。しかし海の透明度はなかなか。

綺麗な海とリラックスしたいならここだけの為に、この島へ来る価値があります。

正直な話ここだけのために一泊して翌日帰るコースでいいと思います。

おすすめはお昼ごろにこの島にはいって、宿は事前にAgodaなどでとっておきましょう。その宿にいったん荷物を部屋においてレンタルバイクを借りてこの海岸にくる。

夕方にはさすがに飽きるので、宿にもどり現地のシーフード料理を満喫する。

翌朝にはフェリーで帰る。

海以外は特に・・・全体はこうなってます。

こんなこと書くと怒られるかもしれませんが。。。だけど理由としてこの島は本当にタイの人ばかりの観光地です。

全体写真です。

島からでていく時に撮影した写真です。

基本島の北側は山なのであまり行くことはできません。高いとこまで行こうにも危険なのかオートバイではいけません。道は封鎖されていて登山ならいける感じでした。

南側は何やらガスタンクなのか?石油のタンクなのか大きな施設がありました。綺麗な海水浴場は西側のTUM PANG BEACHのみです。東側は海水浴というよりも眺める海です。

釣り客にはいいかも

泊まったホテルには過去に来た日本人の魚拓が飾ってありました。いたるところで釣りをやっている人がいました。釣りをするにはいいとこなのかもしれません。観光ガイドの④⑧あたりになります。

あちこちの小さなお店にはレンタル用の釣り竿がおいてあり、餌なども購入できます。

危険な岩場などは十分気を付けてください。

神社や、仏像様を参拝する

観光ガイドブックの①⑥が該当します。時間があれば①の神社は2番目の優先度で見る価値あり?

この神社は高台にあり、鍾乳洞のような神社です。なんでもこの島を発見した中国人がこの山で仏像様のような岩を発見し、ご利益を感じたそうです。それで建設された神社のようです。高台なのでケーブルカーが無料で乗れます。この高台にいかなくても下のほうにも祈願する場所があります。

⑥の黄色い仏像様は、シーチャン島の町を見守るように山から町全体を見ています。ちょっとさみしいイメージが強いです。地下にも歩ける場所があるのですが本当の危険を感じます。

シーチャン島の歴史を見る

残りの番号の箇所はタイの歴史上の王様がさまざまな建設をされてます。旗をたてたり、建物をたてたり。

詳しくはYouTubeで検索”Sichang Channel"でないようを見ることができます。

YouTubeのSichang channelで詳しく見る

気になる価格は?

シラチャの船着き場のフェリー 1人50THBです。

シーチャン島到着後のトゥクトゥクやバイクタクシー 家族3人で80THBでした。これは港からすぐのホテルで即決したからです。仮に奥まで行ってもそんなに良いホテルはありません。

ホテル代金 年末年始で1泊1,400THBでした。Agoda検索ですと普段は800THBぐらいが相場のようです。

レンタルバイク 1日300THBです。これは借りたほうが楽しいです。海岸を走るのは非常に気持ちいいですし、島内はほとんど車は商売人だけなので観光気分を満喫できます。私が借りたときは最初からガソリン満タンでした。給油するガソリンスタンドはありません。小さなお店の軒先に瓶にはいったガソリンを購入していれます。まぁ一泊だけなら給油することはないと思います。

料理関係の料金 タイ料理一般的な普通のものは何でも1皿200THBです。少し豪華になると1皿400THB。タイチャーハンあたりは200THB、トムヤムクンあたりだと400THBという感じです。ビールは100THB。3人家族(子供4歳)で毎回御飯代は1,000THBといった感じでした。けっこうお金がかかるので日本からの皆さんは港近くの商店街などの屋代で串焼きや簡単な屋台料理でも良いと思います。料金的には串焼き1本10THBとか安いですよ。私の場合は、ホテルの朝食がついたのでこの豪華料理は夕飯だけにしました。昼はセブンか屋台です。

港をでたところにセブンがある

セブンがあると安心ですよね。港から出てすぐの角にセブンがあります。

そして、私もきずかなかったのですが港から歩いて町に入れば途中に日本食屋があります。シーチャン島内は日本食屋がここしかないので、どうしても日本食が食べたくなったらここ。釣りに来たらここのお店でてんぷらにしてもらうなどできるみたいです。

シーチャン島の日本食屋

家族向けには本当にGOOD

家族旅行には最高です。しかし、男性だけでというのはつまらないと思います。お父さんが期待している怪しいお店はないと思います。

何故か観光地として開拓されていない島

島を一通り見ましたが、立派なホテルはありません。おそらく私の家族が泊まったホテルが一番良い?のかもしれません。中には廃墟になったようなお化け屋敷のようなホテルも見えました。

観光客は西洋人も非常に少ないです。そのせいか食事はタイ料理ばかり。新しいめのお店だとコーフィーショップでハンバーガーなんかは食べれました。ホテルの朝食もかなり残念な内容です。

こぎれいにしているホテルは一切ない、ちょっとおしゃれなレストランも見えませんでした。リぺ島あたりですと、いけいけどんどんで綺麗な新しいホテルや食堂があちこち建設してましたが、このシーチャン島は全然です。これだけ今タイが経済成長している中、時の流れがゆっくり流れています?!

まとめ 結局のところ海だけで良い。夜に海鮮料理満喫して翌朝に帰ります。

綺麗な海だけで良いです。砂浜は日本とかわりません。海は透明なので感動します!

移動はレンタルバイクで気持ちよくゆっくり走る、砂浜のパラソル下で食べるタイ料理はあまり美味しくはなかったので夜に楽しみはとっておいたほうが良いです。パラソル日陰で寝ながらゆっくりマッサージがおすすめ。

夕方に宿へ戻って、夜飯はタイ料理のシーフードを楽しみましょう。

私の泊まったところはバスタブもあったのでかなり気持ち良かったです。プールもあったので、ちょっとした時間にプールも入れます。

Sichang Palaceは港から近いし、美味しいタイ料理屋も歩いていける

いじょう、シーチャン島の解説でした。他の観光地のご紹介は下の記事から。

アユタヤ遺跡 おすすめ観光コースはこれ!

[blogcard url="https://yasuayutthaya.com/ayutaya-kankou-spot-osusume-ayutaya-iseki/"]

タイ人の行くアユタヤ観光地タイTV”愛の運命”ロケ地恋愛パワースポット

[blogcard url="https://yasuayutthaya.com/thailocaltravels-thaitemple-thai-tv-power-spot/"]

映画ディカプリオ主演のロケ地近所?!タイ リぺ島感想!

[blogcard url="https://yasuayutthaya.com/thai-travel-ripe-island/"]

プライバシーポリシー お問い合わせ